2020年10月14日

ハーネス選びのすゝめ(形状編)

みなさまこんにちは!本日は、ハンター社からラインナップされているハーネスの種類についてご紹介させていただきます。

犬種ごとに異なる体の形、大きさ、利用シーン、に合わせて最適なハーネスをお選びいただけるよう多様なラインナップが用意されています。
主な形状としては4種類(ステップイン型、Y型、H型、ノルウェイジャン型)、素材には、革、3Dメッシュ、ナイロン、ポリアミドなどがあり、それぞれに印象的なカラーバリエーションとサイズのラインアップが用意されています。
どれもハンター社の数十年にわたる経験と知識が細部にまで生かされています。どのタイプにもそれぞれ特徴がありますので、ハーネス選びのご参考になりましたら幸いです。

着脱簡単『イージー ステップイン ハーネス』

■オススメ利用シチュエーション
・普段の日常使い

■メリット
・快適なフィット感
・前足の間にベルトの制約がない
・頭を通す必要がなく、足を通すだけで良い簡単装着
・取り外しはワンクリック、片手でサッと取り外しできます

■オススメ犬種
・小型犬
・頭に触れられることを嫌がるワンちゃん

  • お手軽な使用感が一番の魅力。

    頭を通す必要がないので装着時の苦労が無くなります。
    また、取り外す際もクリックするだけで外れる超お手軽な仕様となっています。

「イージー ステップイン ハーネス」ラインナップ一覧

最高のフィット感『Y ハーネス』

■オススメ利用シチュエーション
・普段の日常使い、スポーツ

■メリット
・胸部への圧力が分散される形状となっており、胸への負担を軽減
・理想的なフィット感を実現するハーネス形状
・脚を持ち上げずに装着可能
・サイズの調節幅が大きい

■こんな愛犬にオススメ
・ハーネスから脱出するのが得意なワンちゃんに
・全犬種対応

  • サイズ調節の面に優れ、特にフィット感が良いタイプです。

    サイズ調節機能が優れており、装着時にしっかりとフィットすることで抜けにくく、ハーネスから逃げるのが得意なワンちゃんにオススメのタイプとなっています。

「Y ハーネス」タイプのラインナップ一覧

成長途中にある仔犬向け『H ハーネス』

■オススメ利用シチュエーション
・普段の日常使い

■メリット
・体型に合わせて細かくサイズ調節可能
・仔犬など、まだ成長途中の愛犬にオススメ
・腹周りと背中のベルトによるずれ防止
・スポーツなどのアクティビティに最適

■オススメ犬種
・仔犬など、まだ成長途中の愛犬

  • これから大きくなる仔犬の時期にオススメ

    サイズの調節オプションに優れ、これから大きくなる仔犬の時期のご利用がオススメです。
    成犬でのご利用であれば、力の強くない小型犬種にオススメです。

「H ハーネス」タイプのラインナップ一覧

トレーナーなどにも愛されるプロ仕様『ノルウェイジャン ハーネス』

■オススメ利用シチュエーション
・普段の日常使い、スポーツ

■メリット
・引っ張り時の圧力が胸部に全て向かうため、喉などの敏感な部位に負担をかけません
・前足の間のベルトによる制約なし
・神経質な犬にも適しています
・ハーネス上部にハンドルを完備。とっさの制御&保持に役立ちます。

■オススメ犬種
・全犬種

  • しっかりとした作りで、すべての犬種に適したプロ仕様ハーネスです

    引っ張りの圧力がすべて胸部に向く仕様となっており、喉などの敏感な部位に負担がかかることがありません。
    ハーネス上部にハンドルがついており、愛犬をしっかりとハンドリングできます。愛犬へのアクセスがしやすく、とっさの際に制御が可能です。

「ノルウェイジャン ハーネス」タイプのラインナップ一覧

ハーネスが抜けやすい犬種でも安心『パニックハーネス』

脱出しにくい構造となっているハーネス。

犬がパニックに陥り逃げようとすると、犬はどんな状況でも、どんなハーネスからも抜け出して、脱出アーティストに早変わり。
こうした状況で犬が引っ張る強さは計り知れず、これは誰もが経験したくない危険な状況です。
これこそ、脱出防止用の「パニックハーネス」を開発した理由です。

このパニックハーネスには、犬がハーネスから脱出することをほぼ不可能にするための追加の腹部用ストラップがついています。
しかも、この腹部用ハーネスは、必要がないと判断できれば本体から取り外すことが可能で、一般的なハーネスとして使用することも可能です。

  • 『ハンター 犬用 パニックハーネス(脱出防止) ヴァリオ ラピッド』

    ハーネスが抜けやすい犬種でも安心

    ●価格:5800円(税別)~
    ●材質:ナイロン